その価格よりも円高になってしまっても

FX(外国為替証拠金取引)の興味深いところは、たった一つの投資商品であるが投資期間を短・中・長という3つの中からどの種類を選択するのかにより投資の方法がまったく変わってくることにあると言います。

1番目に外国の貨幣へ投資の「長期の投資」について見てみよう。

長期の投資とは一年以上の投資を想定しています。

まず為替レートにおいては一年も後々の相場は円高になっているだろうか、円安かどうかを考えるということはたいてい困難に近いです。

通常であれば、「そこまで後々の将来のことは未知数です」と思うのが一般的かと思います。

未知なものを予言しようとも、無謀なものなのです。

そういったことから、外国の貨幣を買ったと仮定して、その価格よりも円高になってしまっても、そのうち円安に戻るだろうくらいのイメージで売買に参加する必要があります。

為替の差益を積極的に求めることに限らず別の方法での収益、スワップ金利で稼ぐというのをとりあえずのターゲットと決めてお金を預けてみましょう。

当たり前のことですが、短期間で為替差損に損が非常に大きくなることがあります。

したがって、こんなマイナスに影響の少ないよう、レバレッジをなるべく少なめで売買することがポイントです。

FXは損失が一定範囲以上に増えてしまうと追加保証金(追い証)を払わなければならなくなったりあるいはストップロスになったりします。

ストップロスをしたら、さっさとトレードを終わりにせざるを得なくなり、長期の取引が厳しくなります。

この種の危険を避けるには、レバレッジ2?3倍ほどでやり取りするべきです。

次は中期投資のケースの売買を考えてみましょう。

中期の投資においては最大でも2ヶ月くらい先を想定してのやり取りを行うのです。

為替取引の際、1ヶ月ほど先のことは、おおかた、予想しやすいと言われます。

G7などのような公式の閣議であったり市場で取引している人たちがどのようなことに関心があるかを考えれば、そこそこ想定できるはずです。

こういったファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらも、グラフを参照することによって、為替の変動を把握する事ができ売買を見定めるのがいいと思います。

基本的に経済の状態とジャッジのどちらも光りあるいは買い傾向が同じであれば、ほとんどそのまま行くと考えて大丈夫です。

そのような時はポジションを増やしておけば多くの儲けを獲得できるでしょう。

最後に短期トレードの要点です。

この短期のトレードというのは、いわゆるデイトレードのことを意味しています。

為替でデイトレードを行う場合ファンダメンタルズはいっさい影響しないと明言していいです。

というのも次の日の為替相場の変動にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は無関係だからです。

この時、最大の重要ポイントは大きい催しがある際そのために相場が目立って変動する一瞬を待って取引しましょう。

たとえば、アメリカ合衆国で雇用情勢が公表されるあるいは金利政策などにより金利が変化するという催し。

こういう絶好の機会に変わり目を見過ごしてはいけないとのわけで、短期のトレードでは高度なデータが欲しいところである。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.sensacionespentax.com All Rights Reserved.