高額な商談になる車の売買ですから

愛車を売却する場合や、自動車の売買の時も印鑑証明がなければなりません。

この印鑑証明という書類に関して解説しましょう。

印鑑証明書とは実印として認められているということを保証するための公式な書類です。

この書類がなければ、その印鑑が実印であるという事実が裏付けられません。

高額な商談になる車の売買ですから、実印が必要ですがそれとセットで印鑑証明書が出てきます。

印鑑証明という書類をつくるにははじめに印鑑証明をする必要があります。

登録するはんこは普通、実印と言われ世界で唯一の印鑑でなくてはなりません。

この印鑑を持って近所の役場の受付へいけば印鑑登録をすることができます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードなるものが交付され、印鑑登録手続きをした印は実印ということになります。

印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには、役場の案内係へ行き専用の用紙に必要項目を記入して印鑑登録カードを出すだけで大丈夫です。

それに自動交付機を使って印鑑証明を発行してもらう事が可能です。

印鑑証明には期限切れなどはないのです。

そのためどれだけ前の印鑑証明だとしても効力はあるということです。

ただ中古車買い取り時には、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行された書類とされています。

通常は有効期限などはありませんが、自動車売却のときには、買い取り先が必須となる有効期限を教えてくれるので、もしも買取を予定している場合は、売却前に持っておくとよいでしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.sensacionespentax.com All Rights Reserved.